年末にかけ中国のサイトでSNH48の応援に日本語を使わない

日本のSNH48ファンにご協力いただきたいことがある。

SNH48公演のオンライン生放送で、これから年末にかけて日本語でコメントを流さないで下さい。

以前もこのブログの右上の部分で、日本のファンに同じ呼びかけをしたけれど、わざと日本語でコメントを流しに来る日本人ファンがいて逆効果だったので削除した。

でもあらためて。年末にかけて日本語はひかえてください。

これから年末にかけて中国では、中国政府が「南京大虐殺」が起こったとする日が今年から国定の祝日になり、日本との関係について敏感になっている。

そのせいもあるし、また、毎回オンライン生放送で日本語のコメントを平気で流す日本人ファンがいることもあり、最近、SNH48公演のオンライン生放送には、中国語で反日コメントが流れるようになった。

また、チームNII二期生のななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ あだ名: ななし SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/01/24遼寧省大連市生まれ
)は自己紹介のキャッチフレーズが「Happy うれしい よろしく ななし~」だったが、運営からやめるように言われ、実際に言わなくなった。

さらに、今回のチームNIIキャプテンの退団についても、反日分子を刺激しないようにという運営の命令を聞かなかったせいだという、本当かウソか分からないウワサがある。

ポイントは本当かウソかではなく、チームNIIキャプテンの退団理由についてのウワサにまで、反日が登場する、そういう季節になったという点だ。

日本のSNH48ファンは別に中国政府にこびをうる必要はないが、現地のSNH48ファンにまで迷惑をかける必要もない。だから日本語はひかえましょう。

チームNIIキャプテンの退団理由についてのウワサについて、参考までに説明しておく。

チームNIIキャプテンは先日の生誕祭で『前人未到(目撃者)』のセットリストのソロ曲「愛しさのアクセル」を歌った。

この曲は本来ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)担当のソロ曲だが、この日はNIIキャプテンの誕生日ということで彼女が歌った。

問題はAKB48のオリジナルの「愛しさのアクセル」の振付にはいくつかバージョンがあり、いつもユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)が踊っている高橋みなみ版ではなく、この日、チームNIIキャプテンは大島優子版を踊ったこと。

いまここで筆者は、AKB48ファンでない方にとっては、非常に下らない、どうでもいいことを書いている。

ただ、こんな下らないことでも今の日中関係下ではSNH48の運営に影響するんだということを、以下、お読みいただきたい。

高橋みなみ版は近未来のバトルスーツっぽい衣装にライトサーベルだが、大島優子版は黒い振り袖をアレンジした衣装で、刀のデザインも、より日本刀っぽくなっている。

YouTubeで検索して「愛しさのアクセル」の高橋みなみ版、大島優子版、そして元チームNIIキャプテン版を見比べてほしい。

さて、今回の元チームNIIキャプテン退団の原因について、真偽がよくわからないウワサというのは、以下のようなものだ。

当日の開演前にスタッフが彼女にはっきりと言って聞かせた。大島優子の踊った「愛しさのアクセル」のダンスは、靖国神社を参拝する意味に変えてパフォーマンスしたものなので、政治的なことが起こるのを防ぐために、大島優子版で踊ることを禁止する。

その後の結果は、彼女が自分で大島優子版を踊ったということ。運営は彼女に、会社の言うことに従わない行為をしたのでは、公演数回分を出演禁止にするのは当然だと話した。

翌日、会社の管理命令に従わなかったことで、キャプテンを降ろされ、一か月の上演停止をもって警告とすると言われた。

その結果、キャプテンは退団したとのこと。

くりかえしになるが、このウワサが本当かウソかは分からないし、どうでもいい。

重要なのは、大事なメンバーが退団した原因のウワサにさえ、日中関係が登場するくらい、SNH48の運営会社は年末にかけてピリピリしているということだ。

そういう空気に配慮して、オンライン生放送で日本語コメントをひかえること自体、日本人として負けだ、という考えの人もいるだろう。

でも現地のファンも、筆者も、政府間の政治的対立を抜きにして、単にSNH48公演を楽しみたいだけなのだ。

そのために現地SNH48運営は、現地で下手に目立たないように、日本語や和服を「自粛」せざるを得ない。

『目撃者』公演から表題曲「目撃者」をカットし、『RESET』公演から「夢の鐘」をカットして「ゼロサム太陽」に差し替えざるを得ない。

他人の家を訪問したときに、「おたくの部屋は汚いですね」とわざわざ言うのがナンセンスなのと同じように、日本語コメントを流してわざわざケンカを売る必要はない。

この種のことは、日本で活動していたalanを筆者が応援していたころもイライラさせられたことだ。

日本人として中国側の意向にしたがう必要はないというのは、たしかにそのとおりだ。

でも、あちらの生放送サイトや、あちらの中国ツイッター(新浪微博)で、一定期間、日本語を使わないくらいの配慮さえできないだろうか。そこまで意地を張る理由があるだろうか。

筆者は日本の右翼のみなさんを説得しようとは思わない。

しかし、政治と無関係に、SNH48を応援することがいちばん大事というみなさんには、とりあえずあちらのサイトで日本語を使うのがまずい時期は、日本語を使わないでくださいとお願いしたい。

以上、もちろんそれでも筆者の言うことを聞かずに、あちらのサイトでSNH48を応援するときに日本語を使いまくる自由はありますよ。

その結果、ますますSNH48運営が「自粛」をせまられ、きゅうくつな思いをすることで良いのなら、ですけどね。