SNH48来日AKB48 37thシングル選抜総選挙見学メンバー感想ツイート(2)

2014/06/06(金)~06/08(日)にSNH48メンバー6名がAKB48総選挙見学のため来日したが、その来日感想長文ツイート日本語試訳のつづき。

まず一期生チームSIIのマオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
)。

マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
):「さすが総選挙。光景はほんとに感動的。入場でさえびっしり並んだ人たちが通路から絶えず入って来て一時間たってもまだ入場し終わらなかった。snh48の青い旗がなびいてるのを見たらすごく幸せだった。


雨の中でも先輩たちはかまわずに熱血的でとても元気。そしてとても大きくてしかも場内を一周する舞台(もしこの舞台に立ったらどんな感じだろうと想像してみた。一日中踊っても疲れないと思う)。

視線はつねに佐江さまの姿を探してたよ。優子先輩も見つけてすごくカッコ良かった。チームK魂がすごく燃えてきたよ。以前生放送をみたときには感じ取れなかった。現場で見てこそほんとに先輩たちといっしょに心臓が躍動する感じ。一分ごと一秒ごとに感動が変わって、一分ごと一秒ごとに気持が変わった。

いまの気持は複雑=_=。佐江さま選抜組おめでとう。でも。やっぱりちょっと残念(上位10名に入らなくて残念)。。総選挙を見た後、自分も言いたいことをちゃんと話すべきだと思ったよ。

言いたいことというのは:私は前に一人でも私を好きな人がいれば、一人でも私を見てくれる人がいれば、私は私のファンのために努力する!ということ。入団した当初は隅っこのポジションで、お披露目公演ではバックダンサーにさえなれなかった。悔しいと思った。だから努力してレッスンした。

誰かが”Xが辞めたら李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
でもこんなに待遇が良くなった”と言ってるのを聞いたときは、笑ったよ。だからもっと努力してレッスンした。その後公演の16人の中に入れた。ポジションも少しだけ前になった。

今では『Beginner』のセンターを手に入れた。努力が報われたと思った。なぜSNH48第一回総選挙のあの速報の時(16位に入らなくても)私が泣かなかったか。みんなも泣かせたくなかったか。

それはそういう一時的な挫折に涙を流す価値がないと思ったから。総選挙の最後の結果発表でみんなが私が選抜組に入選した感想を話しているのを見ている時に涙を流せば、そういう涙の味わいこそすごいと思わない?

私はフフフって冷淡に見えるかもしれないけど、それは野心がないってことじゃない。総選挙は始まったばかり、残りのことはみんなを信じることにした。努力の道のりにずっと付いて来てよ!ずっとずっと私に付いて来て。だってみんなが私の『支え』だから!!」

次に二期生チームNIIじゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí ゴン・シーチー あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
)の長文ツイート。

じゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí ゴン・シーチー あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
):「今回日本に3日間行ったけど、スケジュールがびっしりで、時間も短かったから、長編のレポートもないし、レポートできることは全部画像で保存した。でも細かく話す価値があるのは本部の劇場と今回の総選挙のこと。

本部の劇場はショッピングセンターの中にあって、入って最初の感想は、ほんとにほんとに小さい!動画で見て想像してた舞台よりもずっと小さくて、舞台も一段しかステップがないくらい小さかった。

楽屋もすごくすごく小さくて、でもどこもとってもきれいに整理整頓されてて、劇場は小さいのに、とっても可愛かった。私たちの劇場は条件がこんなに良いんだから、みんな自分たちの劇場をもっと大事に思って、もっと愛さなきゃダメだって思った。

総選挙については、あの日日本は朝から大雨で、でも私たちが午前中スタジアムに着いたとき、参加するメンバーのみなさんはレインコートを着て雨の中リハーサルをしてた。

午後のコンサートが始まったときも雨はまだやまなくて、メンバー全員が雨を押してパフォーマンスをしてた。雨に濡れながらのパフォーマンスでも、変わらずメンバーのみなさんのハイな気分を感じ取ることができて、一曲一曲が違った感情とパワーを表現してて、これこそ私たちがまだまだ努力して埋めなきゃいけない距離だなと思った。

夜の総選挙はほんとにすごくすごく緊張した。総選挙の最初は大スクリーンにカウントダウンが表示されて、客席に座ってるだけでも総選挙に参加してるメンバーのみなさんのその瞬間の緊張と、不安な気持ちを深く感じ取れた。

ここで私の推しメンのぱるるさんが第7位という好成績をとれたことにおめでとうを言いたいです。トロフィーを受け取るときの笑顔がとっても甘くて、でもいつもと変わらない自分なりのスタイルで、総選挙でいちばん短い感想スピーチ記録を作ったよねw

私はぱるる先輩をとっても尊敬してて、他人が何と言おうと、自分がどんなに高いポジションに立っても、自分のスタイルを保ち続けて、自分らしくしているから。この点は私がとっても学ぶ価値のあるところだと思った。

以上が私の日本への旅の収穫。あっ、それから次は必ず109に行って時間がなくて買えなかった服を買いたいよ(←_← おいおい)