SNH48『16人姉妹の歌』日本語字幕つき

SNH48版の『16人姉妹の歌』のPV(?)がSNH48公式サイトで正式に公開されたので、日本語字幕をつけてみた。メンバー名と、歌詞の日本語試訳を字幕で入れてある。
SNH48『16人姉妹の歌』日本語字幕つき 2013-1-21

ちなみに、基本的にどうでもいいことなのだが、2ちゃんねるの「SNH48板」で董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(トン・チーイー)が何かやらかしたと書いてあったのだが、以下の様な事情だった。
まず「東瀛音悦Tai(中国でJ-POPを紹介する音楽サイト)」の公式アカウントが次のようにツイートした。
東瀛音悦Tai
「当アカウントもメンバーたちをよくよく勉強しますよ!ところで董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
、当アカウントは君が誰かにとても似てると思うんだけど?誰かな?阿蘭、君はこの娘をひと目見て君にちょっと似てると思わない?」
2013/01/21 17:41
そして董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
が次のように返信したが、すぐに削除した。すぐに削除したというのがポイントだ。
董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ

「。。。。何言ってるの(天了噜) 東瀛君 蘭蘭に似てるなんて騒がないで 私がそれに釣り合う?」
この最初のひとこと「天了噜」が、中国の2ちゃんねる「貼吧(ティエパ)」のORICON板では、スレッドのタイトルやコメントに多用されるおなじみの表現なので、この言葉を使うと一発でORICON板の住人だと分かるのだ。
そこでORICON板をのぞいてみると、さっそく「【速報】SNH48董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
はORICON板の本当の住人(=O瑞儿)と確定」
というスレッドが立っていた。
で、何が面白いかというと、実は来日してエイベックスに所属して活動していたalan(阿蘭·達瓦卓瑪)は、2013年現在は中国に帰国して北京に住みながら大陸で活動しているが、ORICON板では、日本で活動していた頃から今に至るまで、格好のディスりの対象になっている。
alanファンは彼女を「蘭蘭(ランラン)」というあだ名で呼ぶが、ORICON板の住人は同じ発音の「懶懶(ランラン、怠け者)」と呼ぶ。
その理由は、日本で4年強活動していたのに、一向に日本語が上達しなかったこと、そして、映画『レッドクリフ』の主題歌を除いて、目立ったヒット曲がなかったことなどだ。ORICON板の住人はオリコンのチャートアクションを綿密にフォローしているので、alanが日本でいかに売れなかったかを熟知している。
一度alan本人が中国ツイッターで、ムキになって「懶懶」と呼ぶなと噛み付いたことがあるが、その結果、コメント欄の炎上の火に油を注ぐだけに終ったという、alanにとっては悲しい過去もある。
そんなORICON板に、どうやら董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
は昔から出入りしていたらしい。となると、alanがORICON板でディスられまくっているのを知らないはずがない。
今回、東瀛音悦Taiの公式アカウントが、董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
がalanに似ているとコメントした事に対して、ORICON板の住人なら、董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
が内心では「いい加減にしてよ!」と思っていることはお見通しというわけだ。
それを一瞬で理解したORICON板の住人が、董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
の返事をリツイートしまくって、董芷依 Dǒng Zhǐ Yī( ドン・チーイー) あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
本人は削除したのだが、しっかり中国ツイッター上に残ってしまった、というのが経緯である。
微笑ましい(?)エピソードだ。