SNH48の経済学:中国ネット番組『街頭ビジネス学院』第4回「触れられるミニスカート美少女」

中国の大手動画サイト「Youku(優酷)」のクォンタム・チャンネル(量子頻道)というネットチャンネルの番組『街頭ビジネス学院』第4回が、SNH48とAKB48をビジネスの観点からきっちり取り上げていて良かったので、日本語字幕つきを転載。

日本のテレビ局のSNH48報道と言えば「中国の若者はSNH48の総選挙で初めて選挙というものを知った」とか大ウソばかりだが、このネット番組の方がよっぽど中立的。

劇場公演のチケットが安いかわりに、総選挙の投票権や握手券、ツーショット券、グッズがSNH48の重要な収入源であること、グループを売り出すことがソロシンガーを売り出すよりも、投資リスクの一定の回避になっている点などを、ちゃんと解説している。

SNH48設立の経緯についても、上海久尚がたまたまAKB48の中国でのイベントをサポートしたことがきっかけで、日本側と交渉して版権を得たことなど、日本のテレビ局の頭の悪い報道部がスルーした点もちゃんと説明してくれている。

SNH48運営が2014/11/21~23の最終選考で決定した四期生について長文ツイート

SNH48運営が中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントで、先週末最終選考で決定したSNH48四期生についての長文をツイートしていたので試訳する。引用元の2014/11/27 14:35のツイートはこちら

文面のぶち上げ方がハンパないので、それは話半分に読むとして、興味深いのは、長編小説を出版したことのある美少女、国際的な賞を受賞した合唱団のリード、女優の実の妹といったメンバーが四期生にいる点だろう。

少なくともこの3人に期待しつつ、四期生名簿とプロフィールの正式発表を待とう。


夢を追う道 前しか向かねえ、SNH48四期生誕生
2014年11月27日 14:35

最近「中国4000年に一人の美女」で広く注目を集めている国内唯一のインターネットのコンセプトに基づくスター育成プラットフォーム、中国の大型女性アイドルグループSNH48は「夢のために、走れ!」と題して四期生の選抜を行い、SNH48四期生募集の最終選抜が(2014年)11月21日から23日に上海で開催された。

中国全国各地からの青春まっさかりの美しく、芸能の才能が抜きん出た19名の少女たちが、数万名の応募者から選び出され、正式にSNH48四期生に入選した。

SNH48は(2014年)7月に三期生の募集を終えたばかりで、運営は初めてこのような短い周期で連続して募集活動を行ったが、今回の四期生募集は依然として3万人近い応募者を引きつけた。

最終選考に進んだ86名の応募者の全体的にレベルが高く、外見はもちろんのこと、芸能の才能でもやはり潜在的に発展する面があり、おしなべて前回よりよりレベルが高かった。

その中には300万字以上の小説作品を出版した美少女作家や、国際的な賞を受賞した女子合唱団のリードボーカル、国内の有名な映画女優の妹など数多くの少女がいる。

彼女たちがSNH48の極めて創造的で国際的なスター育成パッケージを経ることで、広大なファンの熱烈な指示と応援の下、望むらくはそう長くない時間内に、華麗な脱皮をとげて、SNH48として一歩一歩成長し、そして全世界の中国語圏で新世代アイドル産業の大黒柱となり、キラキラと輝く青春のスターになると信じている。

SNH48の四期生は2週間以内にアイドル育成センターに入居し、全面的で専門的なデビュー前の訓練を始める。運営は適切な時機を選んで、正式に四期生の名簿と新メンバーの個人基本資料を公開する。

四期生が順調に誕生することで、全世界の中国語圏で最大規模のアイドルグループとなるSNH48のメンバー総数は80人を超える。そして間もなくやって来る2015年、SNH48はそのインターネット活用のコンセプトの基礎を十分に利用して、全世界で初めてのO2O(訳註:オンライン・トゥー・オフラインの略)近距離育成方式がもつもともと優勢な性質と、成立2年あまりで蓄積したスター育成の経験と運営経験の蓄積と活かし、十分に創造性と想像力を発揮する。

そして数多くの業界初の全く新しい試みによって、タレント全体の積極性を結集し、運営団体の執行力を高め、作品の品質を最重要と考え、ユーザの口コミによる評価を最大限に追求し、夢を追求する道で歩みを止めず、迷わず、一致団結して、前しか向かねえの精神で、一日も早くSNH48が全世界の華人圏でトップのアイドルグループになることを運営目標と定めて努力し前進している。

私たちはSNH48のスター育成プラットフォームの上で、今後より多くの「4000年に一人の美女」さらには「5000年に一人の美女」が誕生することを固く信じ、かつ、期待している。


SNH48チームSII二期生アイコ(沈之琳)生誕祭によせて、双子の姉からの長文メッセージ

先日、SNH48専用劇場「星夢劇院」で生誕祭を迎えた、チームSIIの二期生アイコ(沈之琳 Shén Zhī Lín シェン・チーリン あいこ 2期生)だが、双子の姉・沈之瑾(シェン・チーチン)が中国ツイッター(新浪微博)のアカウントでメッセージを寄せていた。引用元の2014/11/25 04:22のツイートはこちら

↓左がチームSII二期生アイコ(沈之琳 Shén Zhī Lín シェン・チーリン あいこ 2期生)、右の髪の色が明るい方が双子の姉・沈之瑾。
アイコが抱きついているのは母親。この写真は生誕祭の日の楽屋で、母親と姉も公演を見に来ていた。

以下、少し意味が分かりづらい部分もあったが、何とか日本語訳してみた。誤訳はご容赦ください。

アイコ(沈之琳 Shén Zhī Lín シェン・チーリン あいこ 2期生)が椎間板ヘルニアの痛みを薬でおさえながら舞台に立ち続けているということは、恥ずかしながら初めて知った。


【みんなといっしょに頑張っているのを見られてとても幸運】—-沈之瑾(シェン・チーチン)

沈之琳 Shén Zhī Lín シェン・チーリン あいこ 2期生の生誕祭の動画をさっき見終わった後、ファンの小昊(シャオハオ)さんの書いたレポを読んだ。言いたいことがたくさんあってどこから話せばいいか分からない。

小双(訳註:現地のアイコのあだ名)にとってSNH48という道について、私よりよく理解している人はいないかもしれない。だからファンの大Mさんが生誕祭で手紙を読み上げたとき、私はきっと妹より早く涙を流してた。(訳註:姉の沈之瑾と母親は、アイコ(沈之琳 Shén Zhī Lín シェン・チーリン あいこ 2期生)の生誕祭を劇場に見に来ていた)

大学入試の通知書が届いたとき、彼女が数日ひどく泣き続けてた様子を、私はまだはっきりと覚えてる。家族全員がびっくりしてどうしたらいいか分からなかった。

私たち二人は初めて離れ離れになって、彼女は第一志望の大学に落ちたけどSNH48に合格するというサプライズがあって、まるでそうなる運命だったようだけど、このSNH48の道は決して順調じゃなかった。

妹の椎間板ヘルニアをどうするか、それがSNH48オーディションに入選する前、私が考えていた問題だった。というのはそのせいでマネジメント会社に要らないと言われるかもしれないから。だから妹はずっと経ってから初めてみんなに腰のケガを知らせた。

続きを読む

SNH48チームNIIカチューシャ(李藝彤)ななし(馮薪朵)『炎上路線』を日本語で歌ってみた

SNH48チームNII二期生ななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ ななし 2期生)とカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン カチューシャ 2期生)が日本語で、いまチームNIIが上演中の『前人未到(目撃者)』公演から「炎上路線」を歌って、中国ツイッター(新浪微博)にアップしていたので転載。

引用元はこちらのななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ ななし 2期生)の2014/11/26 19:57のツイート

カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン カチューシャ 2期生)の2014/11/26 20:17のツイートによると、2人で録音した後、ななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ ななし 2期生)がコーラス部分とポストプロダクションを4時間以上かけてやったらしい(笑)。

ちなみに同じ二期生のチュンチュン(袁雨楨 Yuán Yǔ Zhēn ユェン・ユーチェン チュンチュン 2期生)は手持ちのノートPCにAdobe Auditionをインストールして、DTM用のキーボード(PCのキーボードじゃなくて鍵盤の方)をUSB接続していたりするので、SNH48メンバーの音楽制作力はあなどれない。

その理由は、コスプレや「踊ってみた」「歌ってみた」をもともと趣味でやっていて、パソコンで音声や映像のポストプロダクションをやった経験があるメンバーがいるから(海賊版のAdobe製品が手に入るという理由もあるだろうけど)。

カチューシャ(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ ななし 2期生)は2014/11/25のInstagramで、購入して数カ月お蔵入りになっていたVAIOをやっと取り出してきたけど、使い方がよくわからないのでこれから勉強しなきゃ、とつぶやいているくらいの機械音痴らしいけれど…。(だからポスプロをななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ ななし 2期生)にお任せしたんだね)

秋元康が2014/12/03中国メディア企業十周年記念イベントでAKB48を語るらしく

2014/12/03北京で開幕する「グローバル・ユース・カルチャー・サミット2014」に秋元康がゲスト出演するらしい。

主催者は天娯伝媒(EE-MEDIA)という中国・湖南省長沙市に本社のあるメディア企業で、『超級女声』『快楽女声』『快楽男声』など大人気バラエティー番組で定評のある湖南衛星テレビ傘下とのこと。
続きを読む