SNH48三期生宮小荷が中国代表で米国行き、スーキー(王柏碩)の『トルコ行進曲』

SNH48三期生のツイートから、転送せずにはいられないものを2本だけ。

まず、現地のあだ名「猫猫(マオマオ)」こと宮小荷 Gōng Xiǎo Hé ゴン・シャオホー 3期生(ゴン・シャオホー)が中国の全国青少年科学技術創新大賞を受賞し、アメリカでのコンテストに参加する権利を得たという2014/08/31 21:23のツイート

安徽省代表として参加したらしいのだが、研究内容はたぶんツイートに添付されていた下図を見れば、分かる人には分かるのだろう。筆者にはさっぱりわからない。

何だかわからないけれど、中国代表としてアメリカに行けるくらいの学力があって、SNH48三期生を続ける意味を見出し続けられるのかがやや心配。

次は、Sukey(スーキー)こと王柏碩 Wáng Bǎi Shuò ワン・バイシュオ スーキー(Sukey) 3期生がデビュー前にモーツァルトの俗称『トルコ行進曲』(本当はピアノソナタ11番イ長調第3楽章)を弾いている映像を2014/08/31 21:24のツイートに添付していたので転載。

スーキー(王柏碩 Wáng Bǎi Shuò ワン・バイシュオ スーキー(Sukey) 3期生)モーツァルト『トルコ行進曲』

正直言ってミスタッチが多いし、なぜかペダルを全く使っていないが(自宅に電子ピアノしかないのかもしれない)、これだけ指が動いていれば『ポニーテールとシュシュ』のイントロくらいは簡単に弾けてしまうだろう。

SNH48三期生は、本当にいろんな属性があって面白い。

SNH48広州汽車トヨタ販売店ミニライブの超高品質ファン撮影動画

2014/08/31中国・広州の広州汽車トヨタ販売店で、SNH48メンバーがミニライブと握手会を行った模様の、とってもクオリティーの高い動画を転載。SNH48広東応援会のみなさんの制作による映像。

複数カメラの映像を音はつなげて一本にまとめるところまで、ポストプロダクションまできっちり作りこまれている点に、現地ファンの意気込みを感じる。

M00.Oveture
M01.フライングゲット

続きを読む

SNH48チームNIIローラン(羅蘭)が弾く『あなたとクリスマスイブ』

SNH48チームNIIローラン(羅蘭 Luó Lán ルオ・ラン ローラン 2期生)が誕生日のファンのために自分で弾いてモノラル録音した『あなたとクリスマスイブ』を彼女のツイートから転載。元のツイートはこちら

2014/07/26のSNH48第一回総選挙コンサートのときに愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài イー・チャーアイ あいちゃん 2期生)が弾いたピアノと同じく、ちゃんと調律されていないのが残念。ローラン(羅蘭 Luó Lán ルオ・ラン ローラン 2期生)の方がペダルをちゃんと使えている気がする。

SNH48広州汽車トヨタ販売店ミニライブ・握手会の写真

2014/08/31中国・広州の広州汽車トヨタ販売店で、SNH48メンバーがミニライブと握手会を行った模様のファン撮影写真、公式中国ツイッター(新浪微博)の写真などを転載。

2014/08/30~08/31の2日間は、韓国ソウルでの『UZA』MV撮影から帰国したSNH48第一回総選挙選抜メンバー16人のうち12人が、四川省成都の成都モーターショー、広州市の広州汽車トヨタ販売店の2組に分かれて、ミニライブ・握手会を行った。

成都モーターショーの方は2日間連続、広州汽車トヨタ販売店のミニライブ・握手会は2014/08/31のみ。

その2014/08/31の広州汽車トヨタ販売店でのイベントの様子を見てみよう。メンバー名は左から。

↓一期生・Bちゃん(孔肖吟 Kǒng Xiào Yín コン・シャオイン Bちゃん 1期生)、一期生・ダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン ダイモン 1期生)、一期生・総選挙1位のレンレン(吳哲晗 Wú Zhé Hán ウ・チューハン レンレン 1期生)、二期生・キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー キクちゃん 2期生)、二期生・じゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí ゴン・シーチー じゅうなな 2期生)、二期生・愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài イー・チャーアイ あいちゃん 2期生

続きを読む

中国上海の音楽誌『COOL MUSIC』の連載最終回を鈴木まりやが知らされていなかった件(笑)

2014/08/31 20:22にツイッター上でちょっとした事故が起こったのでそのご報告。

中国上海の日本・韓国音楽誌『COOL MUSIC』編集長が、SNH48アドバイザーの山本学さんと打合せして、宮澤佐江・鈴木まりやの連載「上海留学日記」を2014/08号で最終回にすることにしていたのに、鈴木まりやがそれを知らされてなかったという…(汗)