上海SNH48チームSII完全オリジナル公演『心の旅程』全曲を勝手に解説!(その3)

AKB48海外姉妹グループ初の完全オリジナル公演、上海SNH48チームSIIによる『心の旅程』の楽曲を筆者が好き勝手解説してみるブログエントリーの3回め。解説が長すぎる!(笑)

↓初日のインターネット生中継全編はこちら。今日はアンコール明け2時間12分あたりから。

EN1.時代のチャンピオン(潮流冠軍)

これもAKB48公演ではおなじみのロック風の「燃える」系の楽曲。しかし天井からマイクがぶら下がるとは斬新な演出。ただマイクは活きていないと思われるし、かなり踊りづらそう。生中継のカメラから見てもメンバーの顔がマイクの後ろに隠れちゃうし。

曲の構成はやはりJ-POPの王道でAメロ⇒Bメロ⇒Cメロで、しかもAメロが「動」、Bメロでいったん「静」になって、サビで再び「動」になるという典型的なパターン。

サビの歌詞「hey hey hey」と「追 追 追(チェイ チェイ チェイ)」の連呼がいかにも「らしい」作詞になっている。

現地ファンなら「ヘイヘイヘイ」と「追追追」であらぬことを連想してしまうんだけれど。SNH48初のテレビ放送冠バラエティー番組『国民美少女』で「校長先生」役だった、台湾のベテラン歌手・費玉清(フェイ・ユーチン)の「ヘイヘイヘイ」ネタ…。

歌詞はロンドンが舞台なので、てっきりサッカーがテーマの「冠軍(チャンピオン)」かと思ったら、ファッションモデルの女の子のお話しだった。

曲に登場する「T台」とはランウェイのこと。「街拍」はストリート・スナップのこと。などなど、さまざまなファッション用語が散りばめられて、ランウェイをさっそうと歩くスーパーモデルを目指す女の子の歌。

間奏へのブリッジの役割を果たすDメロもちゃんと書かれているし、サビのCメロは上述の歌詞も含めてキャッチー、Dメロが最後のサビのリフレインのコーラスになっちゃうという凝った構成まである。

J-POPとしても十分レベルを満たす公演曲。AKB48へ逆輸入しても何の問題もなく成立する楽曲。

EN2.青春のラッパ

イントロで急に人数が少なくなるのは、マイクを取りに舞台裏にもどるメンバーが多いため(笑)。舞台裏にもどったメンバーは自分の分も合わせて、マイクを2本持って再び登場している。

マイクを天井からぶら下げるという斬新な演出の「副作用」だけれど、よく見ていないとなぜ舞台からハケるメンバーが多いのか分からないかもしれないくらいスムーズな転換。

曲の構成は、Aメロ⇒Bメロ⇒Cメロ(サビ)だが、この曲のすごいところは、Aメロ、Bメロにくり返しがなく、ひとつながりのメロディーで次の部分へ継ぎ目を感じさせずになだれ込んでいくこと。

メロディーにくり返しが無いとは、ぜいたくな作りの曲。

Cメロが転調しているが、これはGメジャーからAメジャーなので、最後のサビの繰り返しがよく半音や全音上がるのと同じく、単に盛り上げるためだけの転調。三度転調のように、トニックコードの代替コードがメジャーコードになるのでガラッと曲の雰囲気が変わる、といった効果は無い。

また、最後のサビの前の間奏部分で、全く同じギターのリフがA⇒C#m7⇒A⇒E7と進行するコードの上でずっと鳴っているのも気持ちいい。

ところでこの曲のサビの歌詞には「S!N!H!」が登場するので、これが上海SNH48として、オリジナル公演そのものが初めてなので当たり前だけれど、SNH48グループ曲としても「初」。

いままでSNH48は、AKB48の『Pioneer』『転がる石になれ』などに現れる「We’re the Team A!」や「We’re the Team K」という歌詞を「We’re the SNH!」に変更して歌っていた。

そしてようやく自分たちオリジナルの「S!N!H!」と叫べる曲が出来たわけだ。

これが「Team S!」ではなくて「S!N!H!」である点が、ある意味、本来J-POPにとってアウェーの中国という国で、日本式の女性アイドルグループとして活動しつづけるSNH48全体の団結力を示すのかもしれない。

EN3.私の舞台

この曲は『最終ベルが鳴る』公演でいう『支え』的な曲。じっさい初日の映像では、瞳をうるませながら歌っているメンバーもいる。

この曲は構成で言えば、長めのAメロのくり返しの後、すぐにサビのBメロが来るが、Aメロのメロディーが実質的にブリッジも兼ねているぜいたくな長さ。

しかも一番の歌詞と二番の歌詞が異なる。間奏部分にはキャプテンのダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
)のセリフもある。

曲の最後の部分の終わり方が、やや中途半端でとっても残念。個人的には最後の「ツリーチャイム」という名前の楽器のサンプリングらしいキラキラ音は無しで、ふつうにストリングシンセのフェイドアウトでいいと思う。

でもこの曲のサビの歌詞「十年後再回首 我們初心不改」はすでに、SNH48メンバーと現地ファン共通の思いをのせたスローガンになっている。

「十年たってふり返っても 私たちの初心は変わらない」

すでに上海SNH48の総選挙は今年で三回目だけれど、七年後、舞台の上で十年前のSNH48をふり返るメンバーがまだ中国各地の舞台に立っているだろうか。

それは誰にも分からない。

以上、予想以上にクオリティの高かった中国SNH48初の完全オリジナル公演『心の旅程』全曲を、勝手に解説しちゃうシリーズはこれにて終了。

SNH48第三回総選挙アピールコメントより全身大やけどを負いながら出馬SNH48 TeamNII二期生エンジェル(唐安琪)

上海SNH48・北京BEJ48・広州GNZ48合同、第三回総選挙アピールコメント動画がつぎつぎ公開されているのだが、ご紹介する時間が全く取れない。

なのでまずは不幸な「事故」で全身大やけどを負いながらも、第三回総選挙への出馬を表明したSNH48チームNII二期生エンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
)のアピールコメント動画だけ、ご紹介しておく。

理由は、良くも悪くもこの映像がいまのSNH48グループ(と言ったらSNH48、BEJ48、GNZ48のこと)をいちばんよく表現している気がしたからだ。

これからどうなるか先は全く見通せないし、日本のAKB48本部の姉妹グループのように十分な自由があるわけではない。けれど根拠のない希望だけはある。その希望さえあれば、何とか前には進んでいける。

そういう意味で…。

↓SNH48第三回総選挙アピールコメント SNH48 TeamNII 二期生 エンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ


みなさんこんにちは。私はSNH48 TeamNIIの唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
(タン・アンチー)です。

今年の総選挙の本来の目標は選抜組に突撃でした。

でも不幸なことに、こんな事故が起こってしまいました。

でも私は変わらず渇望しています。舞台に立つことを。

毎日舞台に復帰するために努力をしています。

どうかみなさん、こんな私もいることを忘れないで下さい。

また、どうかみなさんに、一日も早く舞台に復帰した私の姿を見てもらいたいです。

みなさんありがとうございました。


上海SNH48チームSII完全オリジナル公演『心の旅程』全曲を勝手に解説!(その2)

AKB48海外姉妹グループ初の完全オリジナル公演、上海SNH48チームSIIによる『心の旅程』の楽曲を筆者が好き勝手解説してみるブログエントリーの2回め(笑)。

今日はユニット曲(出演メンバー全員ではなく一部のメンバーが登場して歌う楽曲)と、MC2(公演中2回めのおしゃべりコーナー)が終わった後から。

↓初日のインターネット生中継全編はこちら。今日は78分20秒あたりから。

10.アマゾンはお祭りさわぎ

アマゾンを意識してかイントロの冒頭だけマンボのリズムだが、すぐにマンボじゃなくなる。この曲も典型的でコテコテなJ-POPスタイル、Aメロ⇒Bメロ(ウーパパン!という例のリズムのBメロ)⇒Cメロ(さび)というパターン。

この曲で耳にやたらと残るのは、サビの短七度(E)の音。

Gbメジャー(変ト長調)の曲だけれど、サビのGb⇒Bbというコード進行で、Bbの五度のFがなぜ半音下がってEになる。こういう細かいひっかかりは必要なのかも。

大サビやブリッジにあたるDメロはないけれど、アウトロはちゃんとしている。アイドル曲としては可もなく不可もなしの楽曲。イントロと間奏がマンボである必然性がまったくないけれど。

11.ローマの休日

この曲は事前公開されていたので、すでに聴いているが、Aメロ冒頭のコード進行はいかにもホリデー気分で気持ちいい。C#メジャーの曲で、C#のベースのC#がそのまま残ってG#/Eとなる進行。

「ああこれって米米CLUBの『浪漫飛行』にもあったよなぁ」と思ったらやっぱり『浪漫飛行』のAメロ冒頭も、B⇒B/F#という全く同じコード進行(調は違いますが)。

それからこの曲はBメロが4小節+4小節ではなく、2小節が付け加えられて変則的に10小節になっていたりと、サラッと聴けるわりになかなか作りこまれた曲。
Read More …

上海SNH48チームSII完全オリジナル公演『心の旅程』全曲を勝手に解説!(その1)

AKB48海外姉妹グループとして初の完全オリジナル公演を、上海SNH48の一期生中心のチームSIIがすでに上演を始めている。

まずはチームX四期生メンバーのフェイフェイ(馮曉菲 Féng Xiǎo Fēi フォン・シャオフェイ あだ名: フェイフェイ SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/10/17河南省開封市生まれ
)が、とにかく他チームの振り付けを努力して覚えまくったことが運営に認められ、正式にチームSII兼任となり、この初日にも登場したことをお祝いした。

彼女自身、強力なAKB48ヲタなので、自らアイドルとして舞台に立つ「覚悟」は四期生の中でも群を抜いているのではないか。

さて公演の楽曲だが、個人的に「AKB48楽曲よりも中国では主流の韓流や欧米ポップス風になるんじゃないか」と心配していたのだが、まったくそんなことはなかった。

むしろこんなに「コテコテ」の最近の日本のアイドル楽曲風でいいのかと申し訳なくなるくらいに、ガッツリ、日本式アイドル路線になっていた。

↓初日のインターネット生中継全編はこちらで見られる

Overtureの前

Overture前の影アナはAKB48の公演を完全に踏襲しているが、その直後に飛行機の登場窓口案内のアナウンスの英語が流れる。「SNH48のフライトは間もなくです。48番搭乗口までお越しください」という内容。

これはもちろん『心の旅程』という公演テーマに沿ったもの。

そしてOvertureの前に、オンライン生中継の視聴者と、舞台両わきのスクリーンには、ジャンボジェット機が離陸するCGが映しだされる。


Read More …

大やけどを負った上海SNH48二期生エンジェル(唐安琪)80日ぶりの肉声、涙まじりにファンへの感謝

2016/03/01(火)夜、上海市内のショッピングモールにあるカフェで、全身に大やけどを負い、現在も集中治療室で治療をうけている、SNH48二期生チームNIIのエンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
)。

彼女の肉声が事故後80日にして、はじめて公開された。

あれだけの大やけどを負って、80日間でここまで回復するとは驚くべき生命力。「生きたい!」という彼女の力強い意思と、それを後押しするファンの力なのだろう。

彼女だとわかる声が、きれいにちゃんと出ている。炎を吸い込んでかなりダメージをうけたはずのノドも、予想以上に順調に回復しているようだ。

字幕の内容を日本語試訳しておく。

元のニュース記事はこちら


ずっと私を助けて応援して下さっているみなさんにとても感謝しています。

みんながいてくれるから、あなたのはげましと応援があるから、私はいまとても順調に回復しています。

毎日努力してリハビリと治療をしています。

早く皆さんとお会いできたらと思っています。

みなさんにとても会いたいです。

みなさんのことをとても思っています。

わたしの命と健康のために支援をしてくださったみなさん一人ひとりのことを思っています。

とってもみなさんに会いたいです。

早くみなさんに会いたいです。早くみなさんに(会って)お礼を言いたいです。

この世界で私を助けて下さって、応援して下さった方、一人ひとりに感謝しています。

もしみなさんがいなければ、私は、いまこんなにも順調に回復するなんて思いもしなかったでしょう。


こみ上げてくる思いに涙をこらえながらの言葉。聞いているこちらも胸が苦しくなるけれど、ほんとうにここまで回復して何より。